会話のキャッチボールができない9つのパターン

接客関連

リアル・バーチャル共
人を相手に歩合(お金)を
稼ぎ続けたいと思う時

御財布を広げてくれる予備軍を
目利きで選び
会話のキャッチボールをする事が必要と
思ってみたり。

そこで

ツィッターで話題の
【会話のキャッチボールができない9つのパターン】を
取りあげて見る回です。

挙げられている9つのパターンとは。。。

◆相手の発信(ボール)をキャッチしない・できない。
◆相手の様子が見えず発信が多くなる。
◆返すボールが見つからない、どれを返していいかわからない。
◆自分のレベルを相手のレベルに合わせられない。
◆表現が適切でなく相手が引いているのに気付かない。
◆相手の発信をフルスイングで返しちゃう。
◆表現が変化球すぎて上手く伝わらない。
◆予想外の所からボールが飛んできてキャッチできない。
◆そもそも言語が通じない。

イラストにすると解りやすいようで

『なるほどねぇ~』と思えるパターン
幾つありましたでしょうか。

◆画像引用元
ねんまつたろう(@KITASAN1231)】様

◆参考参照元
withnews

今朝のスタブロはここで締め終了┏●ペコッ

御付き合い頂き有難うございました。
m(__)m

女性だけの特権!高収入在宅ワーク。
貴女の魅力をお金に変えてみませんか?

自由に御仕事して頂きたいから1円から御振込み。
今すぐお金が必要な女性に全額日払い制度で応援!
(弊社指定500銀行なら土日祝・夜間振込みOK)
マリンのチャットレディ求人の応募は下記
【チャットレディに応募する】ボタンをクリックして下さい。

チャットレディに応募する。

関連記事一覧